知りたい!クレジットカード現金化の全体像

-shared-img-thumb-PPC_1manensatu4mai_TP_V

今すぐ現金が必要という時に、あなたならどうしますか?
大方の人が思い描くのは、銀行や大手消費者金融で融資を受けることだと思います。しかし銀行や大手消費者金融は信頼度がある一方で融資までの審査が厳しく、スムーズに現金を手にすることが難しいです。何日もして「融資できませんでした」なんて答えが来ても困るだけですよね。
クレジットカード現金化なら審査も簡単ですぐに現金を手にすることができます。

ここではクレジットカード現金化について簡単にご説明していきます。

クレジットカード現金化とは現金化業者がクレジットカードのショッピング枠を使って指定するキャッシュバック特典付き商品を購入し、それを業者が買い取りキャッシュバックすることで換金、現金化する換金システムです。
現金化といってもその換金率はお店各社でそれぞれ異なり、商品は一定の還元率が保証されているので還元率の高い業者を利用することで一定額の現金を手にいれることができます。中には「換金率100%」なんていう業者も存在しますが、換金率100%では業者の利益がゼロですので、まずあり得ません。そういう業者はそのような謳い文句で顧客を誘惑し、別の手口でお金をくすねる悪徳業者の可能性が大いに高いのでご注意ください。

クレジットカード現金化は基本的にオンラインで全ての処理が完了します。窓口を設けて直接多面式で手続きするようなお店もありますが、クレジットカードで個人がキャッシュバック特典付き商品を購入し換金するだけですので、特別な審査や手続きは必要ありません。返済に関してもお店を通さず直接カード会社に返済していくことになります。返済に関しては通常のクレジットカードと同様にリボ払ができますので、自分で何回払いにするか、いつまでに返済を終えるかなどを自由に決めることができます。
現金は手続きをしたら翌日にも手にいれることができます。中には「5分で現金ゲット」なんてお店もありますが、基本的には数時間から半日ほどかかるので、異様に早い業者は悪徳業者の危険性もあるため注意してください。

クレジットカード現金化はクレジットカードさえあれば誰でも利用ができます。最悪パソコンがない人でもインターネットカフェやスマホがあれば手続きが可能です。クレジットカード番号をお店に教える必要はありませんし、最低限の個人情報を伝えるだけで安全に現金を手にいれることができます。近年人気を集めているこのクレジットカード現金化。まだまだ市場は広がっていき、東京オリンピック開催に向けてクレジットカードに関する法律改正の可能性もあって、今後の動向が注目です。

クレジットカード現金化における真実

「クレジットカードを現金化するってどういう意味ですか?」
わたしがDJを務めるラジオにこの手紙が来たのはついさっきでした。
ハッキリ言ってこういう種類の真面目っぽいようなキーワードが出てくるラジオではありません。
きっと間違えたんだろうと思ったけど、スタッフに何気なく「クレジットカード現金化って知ってる?」というハナシを振ったら盛り上がってしまいました。
「なんでウチのラジオにこれ送ってきたの?」から始まり「クレジットカードを利用して現金を手に入れる方法らしいよ」という話題にコロコロ転がってしまいました。
「コレおもしろいんで今日の話題にいれてみませんか。なんかヘンな手紙来たって感じの紹介で。クレジットカード現金化についてリサーチしときましたんで」
アシスタントの子がペラリと一枚のプリントを渡してきます。
話をするこっちの身にもなってみろ。クレジットカード現金化なんてなんにも知らんぞ。
悪態をついててもしょうがないから渡されたプリントに目を通します。フムフム。
クレジットカード現金化とはなにかということや気を付けなくてはいけないポイント。ほかにもいろいろと書かれています。これをラジオの放送時間までに理解しなくてはならんのか。
「そろそろ本番の時間なんで準備お願いしまース」
掛け声のあとからオープニング用の音楽が流れてきます。スウィート・ビター・サンバ。
「お元気ですか、今日も元気にラジオお送りします。アラ? なにこのお便り・・・ウチのじゃないみたいのが入ってるんだけどー?」
言いながら「クレジットカードを現金化するってどういう意味ですか?」のお便りをフリフリ。お芝居です。
「これクレジットカードのこと聞かれても・・・現金化ってなにかってことを知りたいらしいのね。ペンネーム・顎の割れたスイカさん。お便りありがとう。ウチの優秀なアシスタントがちゃんと調べましたよ」
ここでお便りを置いてクレジットカード現金化についてのプリントを取り出します。
「クレジットカード現金化とは。ショッピング枠の利用額が残っているクレジットカードで商品を購入して、購入した商品を現金で買い取りしてもらうこと。買った物を現金で買ってもらうから現金化ってことなのね」
ここまでは大丈夫。すごく簡単に説明しました。
「クレジットカード現金化を紹介したってことで、どんな流れで現金が手元にくるのかってことも説明しときますね。いまの私の説明を聞いて商品買うまでは良いけど買い取りって誰がしてくれるのって思ったかしら?」
一拍あける。
「思ったよね。実はあるんです。クレジットカードを現金化する会社っていうのが。調べたらいっぱいあるみたいなんですね。この現金化してくれる会社にまずは申し込みをします。この時には本人確認されるみたいなので気をつけて~」
プリントには写真付きの身分証明書・本人の顔が載っている画像・クレジットカードと書かれています。
「申し込みが済んだらクレジットカードを現金化する会社から、この商品を購入してくださいって連絡があるので言われたモノを買います。購入したということが現金化の会社に確認してもらえれば自分の口座に現金が振り込まれます」
そこで言葉を止めると、ガラス越しのディレクターがマジックで文字を書いた紙を見せてきます。
「えーと最短で5分から10分くらいで振り込まれるそうでーす。なぜかウチのディレクター必死です(笑)ではここで一曲お送りしますね! どうぞ」
ジャカジャカと音楽が流れてきたのを聞きながら、クレジットカード現金化のプリントにもう一度目を落としました。
クレジットカード現金化をするときに注意すべきポイント。現金化をしてくれる会社はたくさんあるけど中には悪徳と呼ばれる会社も存在するとのことなんです。
検索をして一番上に出てきたからと言って安易に選ぶと失敗・・・というケースもあるらしいのです。
プリントにはこういうところを気を付けて見よう! というポイントが書かれていました。
1. 会社の創立年数・実績が記載されている
2. 手数料が明確に記載されている
3. 換金率が安定している
4. 現金化する手続きが簡単に行える仕組みになっている
5. 会社概要がきっちり細かく記載されている
ちゃんとしている会社ならこういうところもちゃんとしているでしょう。
「クレジットカード現金化に反応してメール着てますよ」
アシスタント君が印刷したメールの紙を渡してくれます。思ったよりも反応がいいことにビックリです。
<金融機関のブラックリストに載ってしまい借り入れができなくなってしまったので、クレジットカードの現金化を利用しました>
<ダンナに知られずに現金を手に入れなくてはいけなくなって・・・クレジットカード現金化を使ってみました。いつも楽しくラジオ聞いてます>
<クレジットカードが使えないド田舎へ行った時、現金の持ち合わせがなかった。クレジットカード現金化にダメ元で電話したらほんとに現金が振り込まれたのでビックリした>
メールを読んでいて同じ現金化を利用しているのに、事情はみんないろいろだなーと思いました。
このダンナに内緒で現金が必要になった奥さんにはどんなドラマがあるんだろう。おもしろそうだ。